やがて君になる

MENU
STORY

ストーリー

イントロダクション

人に恋する気持ちがわからず悩みを抱える小糸侑は、
中学卒業の時に仲の良い男子に告白された返事をできずにいた。
そんな折に出会った生徒会役員の七海燈子は、誰に告白されても相手のことを好きになれないという。
燈子に共感を覚えた侑は自分の悩みを打ち明けるが、逆に燈子から思わぬ言葉を告げられる──
「私、君のこと好きになりそう」

第1話「わたしは星に届かない」

すっかり桜の花も散り、高校生活に慣れ始めた頃になっても、一年生の小糸侑は部活動を決めかねていた。
友人たちとそんな話をしていると、先生から「生徒会はどうだ?」と誘われる。
興味を抱いた侑は貰った地図を頼りに生徒会室に向かうと、途中で話し声が聞こえてきた。
気になった侑はこっそり覗き込むと・・・。

脚本:花田十輝 絵コンテ・演出:加藤 誠 作画監督:合田浩章 作画監督協力:大橋知華

第2話「発熱/初恋申請」

燈子から推薦責任者として一緒に生徒会の選挙活動をして欲しいとお願いされた侑は、
人前が苦手という事もあって困り果てていた。
ビラ配りやポスター作りだけではなく、全校集会での応援演説もあるからだ。
自分よりも、入学以来燈子を支えてきた沙弥香の方が相応しいと思う侑だったが・・・。
一方で沙弥香は、なぜ燈子が自分ではなく侑に推薦者を依頼したのかが気がかりで・・・。

脚本:花田十輝 絵コンテ:加藤 誠、渡部 周 演出:渡部 周 作画監督:牧野竜一

第3話「まだ大気圏/わたしを好きな人」

五月の連休前、友人たちの前で応援演説に向けて練習する侑だったが、
そのまま生徒会活動を続けるつもりはないという。
下校途中に燈子からも生徒会役員に誘われるが、侑の意思は変わらない様子。
分かれ道に差し掛かったところで燈子は、「今日は本屋に用がある」との事。
侑の自宅方向へ一緒に向かう事になったのだが、到着した書店は・・・。

脚本:花田十輝 絵コンテ:加藤 誠 演出:守田芸成 作画監督:松本昌子

第4話「好きとキスの距離/役者じゃない」

生徒会選挙も終わり、晴れて生徒会長となった燈子。
沙弥香と教室に向かう途中で「やっと始められる。」と、かねてから考えていた活動を
示し合わせ進めようとしていた。
放課後、上機嫌で侑を教室まで迎えに来た燈子だが、
生徒会室へ一緒に歩いていると無意識のうちに侑との距離が近くなってしまい・・・。

脚本:花田十輝 絵コンテ:中井 準 演出:髙田昌豊 作画監督:鈴木 勇 作画監督協力:山本 碧

第5話「選択問題/続・選択問題」

侑の家の書店では友人たちがよく本を購入する為、皆の読書傾向が把握出来る様子。
ある日侑が店番をしていると、いつも参考書や売れ筋の文庫を購入する燈子がとある本を差し出した。
実はその本の内容は・・・。また、生徒会では中間試験を来週に控え、活動が休みになるという。
生徒会役員として恥ずかしくない成績で戻ってくるよう伝えられた侑は・・・。

脚本:花田十輝 絵コンテ:林 宏樹 演出:羽多野浩平 作画監督:柏 淳志、平山寛菜、室山祥子、油布京子 
作画監督協力:後藤麻梨子、関口雅浩、寺尾憲治、池田広明

第6話「言葉は閉じ込めて/言葉で閉じ込めて」

試験が終わり、久しぶりに生徒会室に集まった一同。
滞りなく会議は終わったのだが、生徒会劇の準備は脚本をどうするかで困っていた。
せっかくだからオリジナルの劇を作りたいという燈子は、脚本が書ける人に心当たりがないか皆に問いかける。
侑は心当たりがあるものの、その場では「誰もいない」と取り繕ってしまう。
その様子を訝しんだ沙弥香は・・・。

脚本:花田十輝 絵コンテ:あおきえい 演出:渡部 周 作画監督:仁井 学

第7話「秘密のたくさん/種火」

それは何年も前の事、中学生の沙弥香は、ある日先輩から呼び出され告白される。
はじめは女同士なんておかしいと思っていた沙弥香だったが、時を重ねるごとに魅かれていく。
ところが先輩が高校に進学し、何日も何週間も合えない日々が続いた。
沙弥香はこの寂しさを先輩も感じていると信じていたが、数カ月後久々に会い、先輩からかけられた言葉は・・・。

脚本:花田十輝 絵コンテ:日下部智津子 演出:境 隼人 作画監督:中野友貴、日下部智津子